レアッシ福岡フットボールクラブ

福岡県福岡市のサッカーチーム

【戦術の授業】⑥『プレッシングの基礎』「中央とサイドの選手の守備の役割」

【戦術の授業】⑥『プレッシングの基礎』「中央とサイドの選手の守備の役割」

今日の戦術の授業は「プレシング(チームとしてボールを奪う方法)のかけ方の基礎」についての授業です。

こちらが守備の時には3-3-1システムとして、敵の中央の選手がボールを持っている時はどの選手がまずプレスに行くべきでしょうか?
またサイドの選手が注意すべき点は?
逆サイドの選手はマンツーマンマークかゾーンマークか?

今回は、守備のプレッシング(チームとしてボールを奪う方法)で3人の選手の役割がそれぞれ違います。
ポジションや状況の違いにおいて何を考え、やらなければいけないかをしっかり理解しましょう!
(僕が新年度に担当したグループは最初にこの練習をやるかも!!!)

寄稿者のプロフィール

レアッシ福岡フットボールクラブディレクター吉廣 一仁
□スペインサッカー指導者ライセンス レベル1
□選手歴 筑陽学園サッカー部卒
□指導歴
2007-現在 レアッシ福岡FCジュニア,ジュニアユーススタッフ
2009-12 FCバルセロナ オフィシャルスクール福岡校コーチ
2015-2016 スペインバルセロナ在住
2015-16 UE CORNELLA Juvenil B 研修(バルセロナ)

サッカーコーチが学べる情報サイト『ジュニアサッカー大学』を運営
Return Top