レアッシ福岡フットボールクラブ

福岡県福岡市のサッカーチーム

少人数でトレーニングを行う意味

少人数でトレーニングを行う意味

レアッシ福岡FCには現在約300名近い選手が在籍しています。
これはジュニアユース(中学生)、ジュニア育成コース(小学生)、ジュニアスクールコース(小学生・未就学児)の全てを合わせた人数です。
これらの選手達が曜日毎に様々な会場で日々トレーニングを行っています。

レアッシのコーチ陣は様々な観点から選手のことを考え、毎回の練習メニューを作成しています。
これは育成コース・スクールコース関係なくどのカテゴリーでも同様です。

例えばスクールコースでは
・練習に全員が参加できているか(待ち時間が長い、ルールが複雑でないか)
・練習する際に危険がないか(怪我の原因となる物がグラウンドにないか)
・達成感や満足感、喜びを感じれるか(様々な楽しさを感じてもらう)

といった事を考慮し練習を行っています。

「何で待ち時間を作るの? 時間が短いのに2コートで試合しないの?」

スクールコースでは約15~20名の選手が練習に参加している時、1コートで【4vs4】など少人数での試合を行う事があります。
それは【選手により充実した練習時間を過ごしてもらう為】です。
まずはただ試合をやっているだけでは選手は何かを学び成長する事は簡単ではありません。そこで私たちコーチがうまくプレーできるコツを教えたり、質問を通して選手達がそのポイントに気付けるようにします。
その為にも選手をしっかり観察できなくてはならず、2コートで行うよりも1コートで行う方が目が行き届きます。
「じゃあ14人の選手がいたら7対7でやればいいのでは?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし人数が多くなればなるほど各選手のボールタッチの数は減り、選手達がボールを触って成長する機会を失うことになってしまいます。

しかし、世の中に完璧なモノは存在せず、それはサッカーにおいても然りです。人数が多くなればボールを触る回数は減る・チーム数が増えればコーチに見てもらえる回数は減るかもしれない・コーチに見てもらえる回数が増えると待ち時間が増える。

それぞれのやり方には一長一短があります。ですので私たちはいつも人数や気候・その日の狙いによって試合形式を変化させているのです。
同じように、メニューの構成や内容も毎回変えています。

レアッシのコーチ達は選手の事を1番に考え試行錯誤し日々の練習を行っています。
日々の活動が少しでも成長に繋がるようこれからも取り組んでいきます。

Return Top