レアッシ福岡フットボールクラブ

福岡県福岡市のサッカーチーム

5月11日(金)塩原スクール!

先週の金曜日に塩原中央公園で行われた塩原スクールの様子です!

この日はゴールデンウィーク明け後初めての練習だったので選手のみんなには練習が始まる前にゴールデンウィーク中の出来事を聞きました。

旅行に行った選手もいればキャンプ、映画など各々が休みを満喫していたようです!

さて、練習の方は塩原スクールも三宅スクール同様人数が多いため2グループに分かれて練習を行いました。

低学年の方はゴールを2つ置いて練習。

ここでは相手を【観て】【判断する】練習です。

相手がどっちのゴールを守っていてどっちのゴールが空いてるのかを観て判断する必要があります。

いきなりドリブルでやるのは難しいのでまずはボール無しでマーカー間をタッチされずに通り抜けるやり方でやっています。

高学年はリレーをしました。
こっちはボールフィーリング系のトレーニングでした。

向かい合っている選手にボールを投げたり、ヘディングしたり、パスしたり、、、と色々な種類を行いました。


そして最後は両方ともゲーム形式のトレーニングとなりました。

高学年は小さいコートでの試合。

小さいコートなのでゴールが近くたくさんシュートを打っていましたね。

また途中から四角にボールを置きそれなら当てても1点というルールを追加。

ここでもやはりどこが空いているかを【観る】のが大切になっていきます。

試合をやっていると選手たちの間で「シュート!」や「ボールに当てて!」のような声がちらほら聞こえてきました。

間違いを恐れず元気よく声を出していって欲しいですね!

また、低学年はゴールを2つずつ角においての試合でした。

ボールが外に出る度にコーチからボールが出てくるといったルールでした。

ボールが外に出る度コーチに「へい!へい!」と寄ってきて大きい声を出していました。

しかし、時間がたつと選手全員が寄ってきてボールを出してもすぐ外にボールが出てしまう場面が多くなってきました。

そこでコーチは遠くで待っている選手にパスを出しました。

選手たちはそれに気付き寄るだけではダメなんだと思い離れる選手が出てきました。

レアッシ福岡サッカースクールではこういった楽しさとサッカーの両方を学べるような練習をコーチ陣は組んでいます!

ぜひ一度体験しに来て下さい!

・塩原スクール 5月 体験会日程
18日
25日
いずれも塩原中央公園で16:50〜17:50となります。

寄稿者のプロフィール

レアッシ福岡フットボールクラブstaff加藤 祐樹
2017年7月よりレアッシ福岡FCのコーチとして加わりました加藤祐樹です。
スペイン・バルセロナで学んだ経験を生かしレアッシ福岡の選手たちを上達させれればなと思います。
よろしくお願いします。

□スペインサッカー指導者ライセンス レベル2
□指導歴
2015-2016 Barceloneta amateur コーチ
2015-2016 Sabadell Alevin E アシスタントコーチ兼通訳
2016-2017 San Joan despi Benjamin E 第一監督、Infantil A 第二監督
Return Top