レアッシ福岡フットボールクラブ

福岡県福岡市のサッカーチーム

6月最初の高木スクール!6月4日(月)高木スクール

6/4(月)高木スクールを行いました!

運動会の翌日からか少し疲れが見えましたが選手たちはそんな中でもよく走っていました。

今日はまず低学年と高学年に分けそれぞれトレーニングしました。

まずは低学年。

最初に「宝とり」をしました。

相手の陣地にあるボールを奪い自分たちの陣地まで持っていく。

ボールを持っている選手は相手の選手からタッチされないように逃げながら戻らなくてはいけません。

全員攻撃が炸裂してましたね 笑

そうなると自陣のボールを全て取られてしまいます。

奪うためにやることは分かっていると思いますが奪われないためには何をすればいいのか。考えてみましょう!

そしてその後はコーディナーションをとりいれたシュート練習。

サッカーで必要なステップだったりリズム感だったりを取り入れながら最後はシュートを打ちます。


サッカーでの基本的な能力としてはぜひとも体に染みついてほしいなと思います!

そして最後は2対2の試合。

この日にやったシュート練習を生かしてたくさんシュートを打っていましたね。

もっともっとシュートを打って強いシュートを打てるようになっていきましょう!

高学年はまず鬼ごっこ。

手つなぎ鬼です!

最初のほうは簡単に捕まえることができますが手を繋ぐ人数が増えていくとなかなか自分が思っているように進めなかったりします。

そうなってくると大切なのはコミュニケーション能力です。

狙いを1人の選手に絞ったり、コートの端っこの方に逃げる選手を追い込んだりするために必要となります。

始まってすぐはなかなか声を掛ける回数は少なかったですがどんどんと声が出るようになっていきました。

声掛けは試合の時でもとても大切なのでぜひ続けていきましょう!

次はパスの練習。

対面する味方にパスを出すのですがその間には鬼がいてその鬼にボールを取られないようにパスを出さなければいけません。

大切なのは「タイミング」と「パスのスピード」

そこに意識を持って出来ましたか?

いくら強いパスでも敵が見てる時に蹴れば取られますし、敵が見ていない時に弱いパスを出しても気づかれてカットされてしまいます。

何人か出来てた選手もいましたね。

そして最後は4対4のゲーム。

ゴールを四隅において行いました。


ルールとしてシュートを打つ時味方選手全員が真ん中を越えていないとゴールしてもノーゴールとなってしまいます。

そのため全員で攻めなくてはいけません。

みんな一生懸命走ってましたね!

6月になり少しずつ気温が高くなってくるので水分をしっかり補給できるようにたくさん飲み物をもってきましょう!

高木スクール 6月体験会のお知らせ
11日
18日
25日
場所はいずれも高木小学校で16:50から17:50まで行っています!

寄稿者のプロフィール

レアッシ福岡フットボールクラブstaff加藤 祐樹
2017年7月よりレアッシ福岡FCのコーチとして加わりました加藤祐樹です。
スペイン・バルセロナで学んだ経験を生かしレアッシ福岡の選手たちを上達させれればなと思います。
よろしくお願いします。

□スペインサッカー指導者ライセンス レベル2
□指導歴
2015-2016 Barceloneta amateur コーチ
2015-2016 Sabadell Alevin E アシスタントコーチ兼通訳
2016-2017 San Joan despi Benjamin E 第一監督、Infantil A 第二監督
Return Top