レアッシ福岡フットボールクラブ

福岡県福岡市のサッカーチーム

U10 1st 佐賀牛カップ2日目〜強豪ひしめく上位トーナメント、戦い抜いた結果は?〜

10/20(日)U10 1stは佐賀牛カップ2日目に臨みました。
この日は前日の9名+市民総合で出場できなかった5名を合わせた14名で戦いました。

試合結果
1回戦 対 エストレーラ 1-0
得点者:タクミ
準々決勝 対 有田 2-0
得点者:アヤト、フウガ
準決勝 対 大坪少年 0-1
3位決定戦 対 久留米アザレア 1-0
得点者:タクミ

最終結果は全40チーム中3位となりました。
前日の勢いそのままに1回戦・準々決勝となんとか勝利することができ準決勝へ。

準決勝の相手はよくTRMで対戦している大坪少年。
前回の伊万里湾でのTRMの際は球際の強さ・技術レベルで差を感じさせられた試合でした。
そんな中迎えた今回の準決勝。
立ち上がりから両チームの勝ちたい思いがプレーに表れていましたね。球際の勝負も以前に比べて負けなくなり、技術面でもしっかり相手を見てプレーすることができるようになってきたことを実感できました。
試合はラストプレーで痛恨の失点。
0-1での敗戦となりました。
優勝を狙っていただけに選手たちは悔しさのあまり泣いている選手が多かったですね。
それだけ本気で勝ちたかったんだと思います。
試合を振り返るとチャンスもピンチも同じ数くらいでしたが最後の最後で踏ん張りきれず決めきれないシーンが続きました。もちろん前日に感じたチャンスの数自体が多かったわけではありません。こういった同じレベル・少し上のレベルの相手に勝ち切れるかどうかが今後カップ戦だったりリーグ戦で戦う上でのポイントとなっていきます。

気持ちを切り替えて臨めるか少し不安があった3位決定戦でしたが試合序盤から相手を押し込み前半のうちに得点。
この2日間でピンチになる回数が一番多かったこの試合でしたが守備陣がしっかり守り1-0で勝利。
3位で大会を終えました。

決勝戦はPK戦での決着だったらしくやはりベスト4のレベルの差はほとんどなかったように思えます。
そこで勝てなかったのはほんの少しのところなんだと思います。

何はともあれ南区リーグ後半戦に向けて緊張感のある良い経験ができました。
また火曜日にはTRMがあり来月にも南区リーグ前にもう一回TRMが入る予定です。
あと2回のTRMと練習で良い準備をして区内リーグに臨みましょう。

保護者の皆様、遠方までたくさんのご声援ありがとうございました。引き続き選手へのサポートを宜しくお願いします!

寄稿者のプロフィール

レアッシ福岡フットボールクラブstaff加藤 祐樹
2017年7月よりレアッシ福岡FCのコーチとして加わりました加藤祐樹です。
スペイン・バルセロナで学んだ経験を生かしレアッシ福岡の選手たちを上達させれればなと思います。
よろしくお願いします。

□スペインサッカー指導者ライセンス レベル2
□指導歴
2015-2016 Barceloneta amateur コーチ
2015-2016 Sabadell Alevin E アシスタントコーチ兼通訳
2016-2017 San Joan despi Benjamin E 第一監督、Infantil A 第二監督
Return Top