レアッシ福岡フットボールクラブ

福岡県福岡市のサッカーチーム

U9・U8 TRM in 乃木浜 「山口遠征に行ってきました!」

11/23(月)にU9・8のトレーニングマッチを乃木浜総合公園で行いました。22人が参加しました。

U9①
対 山口SSS 4-2勝ち
得点者:アユム×2、チヒロ×2

対 小倉ダック 4-1勝ち
得点者:アユム、W.コウタ×2、チヒロ

対 セイザン 4-4分け
得点者:アユム、W.コウタ、ヨウタロウ、サク

監督コメント
「攻撃ではボールをサイドに展開してサポートを使いながら攻めること、守備ではポジションを素早く取って狙いを持ってボールを奪うことを求めました。

選手は試合でやるべきことを理解してミスを恐れずチャレンジしてくれました。

攻撃ではサイドに展開したところからコンビネーションで突破するシーンが何度も見られました。特にドリブルの突破力が高い選手が多いので上手くサポートを使って攻められると、さらに攻撃力が上がりますね。

守備ではポジション取りは理解できるようになってきましたがドリブルの対応やマークのつき方にはまだまだレベルアップが必要ですね。特に、最後の試合では疲労もありましたが守備で相手を止めきれず点の取り合いになってしまっていて試合後には選手も、これではいけないと感じていました。

今回のミスは良い経験になったのではないでしょうか。大切なのは試合で良かったこと、課題として残ったことを整理して次の練習や試合に活かすことです。試合の経験を少しずつ自分の力にしていきましょう!」

U9②
対 セイザン 0-6
対 レプロ 1-1
得点者:エイタ
対 セイザン 0-6
対 レプロ 1-0
得点者:エイタ

監督者コメント
「今回は県を跨いでの遠征となりました。そんな中で今回選手たちに求めたのは【ポジションに早くつく】【狙いを持ってプレーをする】この2点。そして練習でやってきている【ターン】と【フェイント】を求めました。ターンやフェイントはこっちから一言二言助言をするとすぐ意識してやろうとしていたので習慣になってきている感じはありました。ただ自分のポジションにつくスピードはまだまだ相手の方が早くそこから失点になるシーンも多々ありました。ここは改善する必要がありますね。狙いを持ったプレーも余裕がある時は出来ますが相手のプレッシャーが早いと雑なプレーになりがちです。普段の練習からそういった場面を頭の中でイメージして取り組むことが成長へつながります!保護者の皆様、遠いグラウンドでしたが足を運んで頂きありがとうございました。」

寄稿者のプロフィール

レアッシ福岡フットボールクラブstaff加藤 祐樹
2017年7月よりレアッシ福岡FCのコーチとして加わりました加藤祐樹です。
スペイン・バルセロナで学んだ経験を生かしレアッシ福岡の選手たちを上達させれればなと思います。
よろしくお願いします。

□スペインサッカー指導者ライセンス レベル2
□指導歴
2015-2016 Barceloneta amateur コーチ
2015-2016 Sabadell Alevin E アシスタントコーチ兼通訳
2016-2017 San Joan despi Benjamin E 第一監督、Infantil A 第二監督
Return Top