レアッシ福岡フットボールクラブ

福岡県福岡市のサッカーチーム

U13TRM in舞鶴公園【自分の限界を超えられる強い選手になろう】

1/31(日)福岡市中央区にある舞鶴球技場にてU13がTRMを行い、マーズ・ワンソウルの2チームと対戦しました

同日に行われたU14のTRMへ参加した選手や怪我などの選手を除く15名で試合へ臨みました

■試合結果
25分ハーフ
➊マーズ 2-1 
ゴール:ユウセイ(レアッシU12) アシスト:アキト(レアッシU12)
ゴール:アキト アシスト:アキバ(大利)
➋ワンソウル 2-2
ゴール:リオ(レアッシU12) アシスト:アオ(けごジュニア)
ゴール:ユウセイ アシスト:リョウタ(レアッシU12)

25分1本
➊マーズ 0-3
➋ワンソウル 1-0
ゴール:アキト アシスト:ユウセイ

チームは平日にボールを使ったTRができず、心肺機能や選手のモチベーションを維持する事が精いっぱいの状況ですが、それを言い訳にすることなく限られたサッカーができる環境でどう成長するかが試されています

そんな中で1プレー毎に集中が途切れてしまい、私に注意される場面も多くありました

しかし選手たちはこれまでの練習で取り組んできたことを狙いを持って実行し、工夫しようとしてくれました
そういった点では少しずつ成長できていると思います

こんな時だからこそ1プレー1プレーを大切にし、疲労が溜まる中でも体を張ったり声を出すことでメンタル的にも成長できるチャンスです
それを意識して来週の試合にも臨んでほしいと思います

『自分はもっとできる、と自分自身に期待して限界を突破しよう!』

【今日のMVP】
アキト
「多くの時間をFWとしてプレーしたが、体を張ったポストプレーや力強く推進力のある突破・裏への抜け出しでチャンスを多く創出し、2ゴール・1アシストと結果も残した」

【今日のピックアップ選手】
リズム
「チームが苦しい状況でも盛り上げる声やコーチングで意識の高さを見せ続けた。守備でも駆け引きや止まるタイミングが良くなり、ボールを奪う場面が多く見られた」

アキバ
「ボールの受け方で止まる時と動く時の使い分けがよくなり、多くの場面でボールを受けて前を向くこともできていた。また守備でもスライドやカバーなど昨日TRで取り組んだ事が実践できていた」

シュウマ
「守備においてインターセプトや相手のドリブルを止める場面が多かった。攻撃ではタイミングの良いオーバーラップを数多く行い、驚異のスタミナを披露した。技術的なミスも確実に減っているので継続して頑張ってほしい」

アオ
「相手の背後を狙う攻めのケアとインターセプトを仕掛ける時の判断が良くなっている。攻撃でも長短のパスを使い分ける事が少しずつできてきた。また仲間を動かすコーチングの量も増えてきて今後の変化にますます期待できる」

寄稿者のプロフィール

レアッシ福岡フットボールクラブメソッド部門コーディネーター・U-15ジュニアユーススタッフ黒沼 遼
□スペインサッカー指導者ライセンス レベル2
□指導歴
2007-2012 清水エスパルス普及部
2009-2012 エスパルスSS駿東JY U-13監督
2012-2013 U.E.SANT ANDREU Infanitil A (U14)アシスタントコーチ
2013-2014 U.E.SANT ANDREU Cadete B (U15)アシスタントコーチ
2014-2015 C.D.ALMEDA Alevin A (U12) 監督
2015-2016 U.E.Sant Joan Despi Alevin D (U12) 監督
      U.E.Sant Joan Despi Infanitil E (U14) 監督
2016-現在 レアッシ福岡FC
Return Top