現在ホームページをリニューアル中です!

U-11 1st TRM(vsフォレスト、大橋、長住)ビルドアップからの攻撃が次の段階に進んだ事と攻撃の形が見え始めたTRM。

U-11TRMを、フォレストさん、大橋さん、長住さんと行っていただきました。

■試合結果(15分1本)

vs フォレスト

1本目 2-0 勝利(タケル、シンタロウ)

2~5本目 0-0 引分

vs 長住

1本目 0-0 引分

2本目 3-0 勝利(ナオヤ、ユウダイ、エイタ)

vs 大橋

1本目 1-1 引分(ナオヤ)

2本目 1-3 敗戦(マイロ)

■監督コメント

「それぞれ違ったタイプのチームとの対戦でしたが、ビルドアップからの攻撃も慣れ、全員の共通理解がやや見え始めたTRMでした。

共通理解とは、例えばセンターバックがボールを保持して前を向きコンドゥクシオン(運ぶドリブル)を始めた場合に、ハーフやサイドバック、フォワードはどういったスペースでボールを受けるべきかと言った事やサイドバックやボランチにボールが入った場合、どうサポートすべきかなど、形(パターン)ではなく状況を判断してプレイできるようになってきました。

ある意味、ビルドアップ攻撃を意識的に行ってきた結果であり、チームとしての成熟度が出つつある状態と感じています。

それでもまだまだ様々な状況が考えられますので、もっともっとトレーニングを積む必要があります。

また、攻撃ゾーンに侵入できたシーンで2,3度相手を崩すシーン(1回は得点に結びつきました)が見られました。

これは現在トレーニングしている成果が見れた場面でした。

チームの全体的なデザイン(どう守りどう攻めるのか)が出来つつあるのと同時に試合結果も安定してきました。

引き続き、精度やスピードを上げるていけるようにトレーニングしたいと思います。

暑い中や大雨の中たくさんの応援ありがとうございました!」

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

□JFAスポーツマネージャーGRADE2
□経歴
2013- NPO法人レアッシ福岡フットボールクラブ理事長