レアッシ福岡フットボールクラブ

福岡県福岡市のサッカーチーム

U-10 1st&2nd混合チーム TRM vs エリア伊都

U-10 1st&2nd混合チーム TRM vs エリア伊都

本日春日市にある春日運動広場にてエリア伊都と練習試合を行いました。西区にあるエリア伊都、強豪チームです。本日はU-10の1st・2ndメンバー混合で戦いました。
 3月に行われるU-10のチャンピオンシップ。昨年行われた各区のリーグ戦でレアッシ1stチームは南区で1位となり、チャンピオンシップへの出場権を獲得しました。福岡支部の各区それぞれから1位〜4位までのチームが出場し、来年度の5年生時のリーグの振り分けを決定します。(結果によって1部〜3部まで振り分けられる)
現在のU-11は4年生時にチャンピオンシップで敗戦し3部スタートとなりました。それだけ、各区で優勝しても簡単には行かないチャンピオンシップ。
この大会に向けて、現在その出場を狙う選手たちの中に競争が生まれています。3月までの1ヶ月強の中でどれだけ成長ができるか、チームの底上げが必要です。
そういう意味でも強豪が集まるチャンピオンシップでの勝利を目標とした時に、エリア伊都のような鋭いドリブル、パスワークをいかにして止めるのかというのは大きな課題です。
■試合結果
1試合目(30分ゲーム) 0-4負
2試合目(20分1本)1-5負(12’イオリ)
■監督コメント
「今日は明日のU-11・2ndのリーグ戦に参加するメンバーを招集外とし、1stチームの数名と2ndチームの選手で戦いました。今日見たかったのは、誰がチャンピオンシップの試合に出るチャンスが来るのか。エリア伊都のような強豪チームを相手にした時に、一人一人の粘り強さや、プレーの良し悪しがはっきりと表れます。個人レベルでどれくらいやれるか、当然守備にまわる時間が多いので、チームに献身的にプレーできるか、苦しい状況でも最後までプレーできるかなど、個人個人にフォーカスしました。チャンピオンシップまで残り1ヶ月強ですが、最終的なメンバーは多くても16名程度を予定しています。全員が今から少しでもレベルアップすることが重要です。
今日のメンバーはとてもよく戦っていました。試合には負けましたが、個人個人の成長が見れる試合となったのは大きな収穫でした。
今日もたくさんの応援ありがとうございました!」

寄稿者のプロフィール

レアッシ福岡フットボールクラブディレクター吉廣 一仁
□スペインサッカー指導者ライセンス レベル1
□選手歴 筑陽学園サッカー部卒
□指導歴
2007-現在 レアッシ福岡FCジュニア,ジュニアユーススタッフ
2009-12 FCバルセロナ オフィシャルスクール福岡校コーチ
2015-2016 スペインバルセロナ在住
2015-16 UE CORNELLA Juvenil B 研修(バルセロナ)

サッカーコーチが学べる情報サイト『ジュニアサッカー大学』を運営
Return Top