レアッシ福岡フットボールクラブ

福岡県福岡市のサッカーチーム

ジュニアユーストップ クラブユース選手権 福岡支部予選 ベスト4進出!!

5/3(木)宗像市にある宗像終末処理場でクラブ選手権の福岡支部予選決勝トーナメント2回戦をトナカイと行いました。

ここからは県大会のシードを決める試合になります。

リベルタ戦よりかは緊張とリラックスのバランスが取れていましたね。

去年も含めて3回連続で負けている相手。選手達は気合いが入っていましたね。

ポジショニングの修正はまだまだ必要ですね。最初の立ち位置が悪いと余計なプレーが増えます。

チームの中の約束事の中でどのようなプレーをするかが大切です。

■試合結果
レアッシ vs トナカイ 3-0(ゴール:シン コウヘイ マサシ)

■決勝トーナメントその他の試合
カミーリア筑紫野 vs 春日イーグルス 1-1 PKカミーリア勝
レオン vs ラパシオン 0-0 PKレオン勝
グランロッサ vs 宗像セントラル 4-0

■<順位決定トーナメント>
※8チーム中3チームが県大会出場
ビートル vs ワンソウル 4-0
リベルタ vs TINO 1-0
カメリア vs フェルサ 4-1
オエステ vs フクオカーナ 3-0

もちろん勝つことも大事ですがしっかりサッカーも学ばなくてはいけません。今日の試合の中にも改善点はチームとしても個人としてもあります。それとしっかり向き合って練習の中で改善できるかが大切です。

空中戦はだいぶ良くなっている選手とあんまり変わっていない選手の差が出てきましたね。

高いインテンシティーの中でどれだけ頭を働かせることが出来るかが選手としての成長に繋がります。バルセロナ遠征に行ったメンバーはもっとチームにその意識を還元する事が出来ればチーム全体の意識も変わるでしょう。痛いほど世界との差を感じさせられましたからね。

U14の選手ももっと多くの選手が試合に出れるはずです。ポテンシャルを出し惜しみするなよ。ガツガツいきなさい。

常に向上心を持ち少しづつでも成長することが大切です。まぐれな結果ではなく必然的な勝利の確立を高められるように日々のトレーニングに取り組んでもらいたいです。

次はカミーリア戦。胸を借りるつもりで全力で闘ってもらいたいです。

本日も沢山の応援ありがとうございました。

寄稿者のプロフィール

レアッシ福岡フットボールクラブメソッド部門ディレクター・U-15ジュニアユーススタッフ後藤 弘毅
□スペインサッカー指導者ライセンス レベル3(日本のS級に相当)
□指導歴
2008-2009 RCD Espanyol Juvenil A (U19) コーチ兼 テクニカルスタッフ
2009-2010 RCD Espanyol Juvenil A (U19) コーチ兼 テクニカルスタッフ
2010-2011 Baix Llobregat Cadete A (U15) 第一監督
2011-2012 U.E Sants Cadete B (U14) 第一監督
2012-2013 U.E Sants Cadete B (U14) 第一監督
2013-2014 C.D Almeda Juvenil A (U18) 第一監督
      C.D Almeda Alevin A (U12) 第二監督
2014-2015 C.D Almeda Juvenil A (U18) 第一監督
      C.D Almeda Infantil A (U14) 第二監督
2016.4〜  レアッシ福岡 U15監督 Jr.ユース代表 メソッド部門部長
2017-2018 レアッシ福岡 U15監督 Jr.ユース代表 メソッド部門部長
レアッシ福岡 U12 1st監督
2018-2019 レアッシ福岡 U15監督 Jr.ユース代表 メソッド部門部長
レアッシ福岡 U12 1st監督
2019-2020 レアッシ福岡 U15 2nd監督 Jr.ユース代表 メソッド部門部長 
レアッシ福岡 U12 2nd監督
2020-2021 レアッシ福岡 U15監督 Jr.ユース代表 メソッド部門部長
レアッシ福岡 U11 2nd監督
Return Top