レアッシ福岡フットボールクラブ

福岡県福岡市のサッカーチーム

ジュニアユーストップ 長崎遠征3日目 vs Vファーレン長崎

ジュニアユーストップ 長崎遠征3日目 vs Vファーレン長崎

3日目はJの下部組織のVファーレン長崎と対戦です。

人工芝の素晴らしいグラウンドを用意していただきました。

本日も30分x3。しっかり集中してプレーできる習慣をつけてもらいたいです。

Jの下部組織との差は歴然としていましたね。長崎の選手はレアッシのよせに何もプレッシャーに感じていませんでした。強度が低いということですね。選手に伝わったかな?

逆にうちの選手はコントロール、パススピード、体の向き、判断全てにおいて相手のプレッシャーを感じてミスを起こしていました。

意識の差も大きかったですね。グラウンド内で喋っている量が違いますね。長崎の選手の方が頭が回っていて色々なことを人に伝えながらプレー出来ているということです。上のレベルでプレーするには必要ですね。

また今回の遠征でわかったのは相手が強くなった時にスイッチが入る選手は将来絶対に伸びるということです。逆の選手は壁にぶつかった時に逃げるので成長できません。選手によって意識の差が出た遠征の試合でした。

■試合結果 30分x3
レアッシトップ vs Vファーレン長崎U15 1-2(ゴール:ヒロキ)
レアッシトップ vs Vファーレン長崎U15 0-3
レアッシトップ vs Vファーレン長崎U15 1-0(ゴール:コウヘイ)

U14の選手はこの合宿で大きく成長しました。まだまだの選手もいますがチャンスはまだまだあると思うので何を求められているのか理解してプレー出来るようにしましょう。

この三日間で強豪チームと対戦してチームとしては高円杯に向けての準備が出来ました。あとは個人個人が何を感じ次からの行動に移してもらいたいですね。今のままではダメですよ。

夏休みももう終わりですが、今年の夏休みは量、質をうまくコントールしてトレーニング、試合、遠征が出来ました。

ホテルでの過ごし方はだいぶ良くなりましたね。何人かは朝寝坊して遅刻しましたが、、、、、、

ホテルの食事は大変美味しく、選手達はたくさん食べていましたね。朝ごはんがみんな食べれていないのは普段の習慣が出ていますね。食の重要さはそろそろレアッシでも講習をやらないといけませんね。

市内観光も少し、、、、

本日も遠いところにも関わらず沢山の応援ありがとうございました。

寄稿者のプロフィール

レアッシ福岡フットボールクラブメソッド部門ディレクター・U-15ジュニアユーススタッフ後藤 弘毅
□スペインサッカー指導者ライセンス レベル3(日本のS級に相当)
□指導歴
2008-2009 RCD Espanyol Juvenil A (U19) コーチ兼 テクニカルスタッフ
2009-2010 RCD Espanyol Juvenil A (U19) コーチ兼 テクニカルスタッフ
2010-2011 Baix Llobregat Cadete A (U15) 第一監督
2011-2012 U.E Sants Cadete B (U14) 第一監督
2012-2013 U.E Sants Cadete B (U14) 第一監督
2013-2014 C.D Almeda Juvenil A (U18) 第一監督
      C.D Almeda Alevin A (U12) 第二監督
2014-2015 C.D Almeda Juvenil A (U18) 第一監督
      C.D Almeda Infantil A (U14) 第二監督
2016.4〜  レアッシ福岡 U15監督 Jr.ユース代表 メソッド部門部長
2017-2018 レアッシ福岡 U15監督 Jr.ユース代表 メソッド部門部長
レアッシ福岡 U12 1st監督
2018-2019 レアッシ福岡 U15監督 Jr.ユース代表 メソッド部門部長
レアッシ福岡 U12 1st監督
2019-2020 レアッシ福岡 U15 2nd監督 Jr.ユース代表 メソッド部門部長 
レアッシ福岡 U12 2nd監督
2020-2021 レアッシ福岡 U15監督 Jr.ユース代表 メソッド部門部長
レアッシ福岡 U11 2nd監督
Return Top