レアッシ福岡フットボールクラブ

福岡県福岡市のサッカーチーム

ジュニアユースU14 TRM vs 川崎U14

福岡県田川市にある黄金ヶ丘陸上競技場でトレーニングマッチを行いました。

久々のU14の選手だけのTRM。普段はトップチーム、2nd rojo、2nd Azulとそれぞれ分かれて試合をしていますのでどのようなパフォーマンスを見せるか楽しみでしたが全体的にはレアッシらしいプレーができていたかなと。

パフォーマンスが良くなかった選手もいましたが飛躍するために苦しんでもらってます。自分なりに考えて改善しましょう。

途中からコーチングもするようになりいい雰囲気で終わることが出来ました。

まだまだ関トレ(レアッシのパフォーマンス向上トレーニング)の取り組み方を見ているとトップレベルに行くメンタリティーは足りないなと思いますけど、選手達の自覚なので期待して見守っていきたいと思います。

■試合結果 30分x6本
①レアッシU14 vs 川崎U14 2-1
G:フミヤ(バディ) A:ナルキ(レアッシ)
G:ナルキ(レアッシ) A:フミヤ(バディ)
②レアッシU14 vs 川崎U14 0-1
③レアッシU14 vs 川崎U14 3-0
G:フミヤ(バディ) A:リョウ(アメイシャ)
G:ナルキ(レアッシ) A:マサヒロ(大利)
G:マサヒロ(大利) A:フミヤ(バディ)
④レアッシU14 vs 川崎U14 2-0
G:ソウイチ(ラパシオン)
G:OG A:コウダイ(ウィザーズ)
⑤レアッシU14 vs 川崎U14 2-1
G:ヨウタ(香椎東)
G:フミヤ(バディ) A:セイア(板付K)
⑥レアッシU14 vs 川崎U14 1-0
G:ユウト(板付K) A:マナト(レアッシ)

理解し、悩まないとサッカーは上達しません。ふんわりとした全体像は今日の試合の展開は悪くないですが、細かい部分で改善しなくてはいけないことは沢山あります。ポジショニング、体の向き、動き出しのタイミング、練習で意識してもらってることしか基本的に試合で要求してません。

練習の中でどれだけ意識出来るかがカギです。

この時期はチーム戦術の中の個人の成長が求められます。

課題は個人個人に言ってます。話半分に聞いているか消化して真剣に聞いて実行出来るかが選手の今後3ヶ月の成長の差に出るでしょう。

何人かは今日、プレーについて直接質問してきましたね。分からないことがあるときは積極的に解決する事が成長に繋がりますよ。サッカーノートもありますしね。

U13の選手も2人参加しました。GKとMFでしたが随所に光るプレーが見られましたね。明日からU13県リーグ。今日の経験を活かして活躍してもらいたいです。

本日も沢山の応援ありがとうございました。

寄稿者のプロフィール

レアッシ福岡フットボールクラブメソッド部門ディレクター・U-15ジュニアユーススタッフ後藤 弘毅
□スペインサッカー指導者ライセンス レベル3(日本のS級に相当)
□指導歴
2008-2009 RCD Espanyol Juvenil A (U19) コーチ兼 テクニカルスタッフ
2009-2010 RCD Espanyol Juvenil A (U19) コーチ兼 テクニカルスタッフ
2010-2011 Baix Llobregat Cadete A (U15) 第一監督
2011-2012 U.E Sants Cadete B (U14) 第一監督
2012-2013 U.E Sants Cadete B (U14) 第一監督
2013-2014 C.D Almeda Juvenil A (U18) 第一監督
      C.D Almeda Alevin A (U12) 第二監督
2014-2015 C.D Almeda Juvenil A (U18) 第一監督
      C.D Almeda Infantil A (U14) 第二監督
2016-現在 レアッシ福岡FC

Return Top