レアッシ福岡フットボールクラブ

福岡県福岡市のサッカーチーム

U15 クラブトーナメント~3年生最後の大会、けが人多くても2年生の力借りないでやろう~

10/22(火)グローバルアリーナでクラブトーナメントベスト16のチームが集まり試合をおこないました。

先週の試合から1週間、けが人、体調不良などが重なり今日のメンバーは16人。まー15人+1人(昨日までカナダに修学旅行に行っており時差ぼけであくびをずっとしてました 笑) U14の選手を借りずに臨むことに決め、(まーちらほら呼びたいみたいな声も聞かれましたが最後はU15だけでと決断)試合に臨みました。

R16はカミーリアと対戦。前回のデベロップ決定戦では0-0のPK勝ちでした。お互い県リーグ2部の別パートに所属するチーム同士。接戦が予想されました。この試合は攻撃に迫力があり前半で3点を決める好調な滑り出しで結果4-1で勝つことが出来ました。毎試合全員出場を掲げてこの大会に臨んだのですが、なんとユニフォームを1枚忘れてしまい、1名出場できず 涙 ユウスケすまん。なんとか勝って次の試合に繋げたので良かったです。

次の試合は3時間半後の16:00キックオフ。その時間の過させ方は難しいですね。対戦相手はまたも別パートの2部所属の春日イーグルス。この試合も今のメンバー、力関係的に接戦が予想されました。

前半は一進一退の展開ながら直接フリーキックを決められ前半を0-1で折り返しました。後半は攻勢をかけるのですが体が重くゴール前の最後の一歩が遠くこのまま終わるかと思われた残り5分、ケンセイが絶妙のスルーパスからユウセイが抜け出し、たまらず相手が手を出してPK。PKを取ったキャプテンユウセイが冷静に決め1-1の同点に追いつきました。

レギュレーションによりPK。互いに2本づつ外して6人目。ショウタが枠を外し、残念ながらベスト8敗退になりました。まー最後に外したのがある意味ムードメーカーのショウタで良かったのかなと思いました。

しかしリーグ戦で最後はギリギリで残留し、5月のクラブ選手権の敗退から調子が出なかったチームが最後は皆に感動を与える試合が出来て良かったかなと思いました。最後まで残ってくれた3年生には感謝ですね。
3年生にはひとまずお疲れ様を言いたいです。そして2年半ありがとう。でも一応レアッシは引退はないので進路が決まったりしている選手は練習に参加しましょう。

■試合結果 60分ゲーム
R16
レアッシ vs カミーリア 4-1
G:コウヨウx3
G:ケンセイ(志免F)

R8
レアッシ vs 春日イーグルス 1-1 PK負け
G:ユウセイ(ファルベン)PK

 

最後まであたたかく素晴らしい応援ありがとうございました。子供達はやり切ったと思います。今後ともレアッシをよろしくお願いします。

寄稿者のプロフィール

レアッシ福岡フットボールクラブメソッド部門ディレクター・U-15ジュニアユーススタッフ後藤 弘毅
□スペインサッカー指導者ライセンス レベル3(日本のS級に相当)
□指導歴
2008-2009 RCD Espanyol Juvenil A (U19) コーチ兼 テクニカルスタッフ
2009-2010 RCD Espanyol Juvenil A (U19) コーチ兼 テクニカルスタッフ
2010-2011 Baix Llobregat Cadete A (U15) 第一監督
2011-2012 U.E Sants Cadete B (U14) 第一監督
2012-2013 U.E Sants Cadete B (U14) 第一監督
2013-2014 C.D Almeda Juvenil A (U18) 第一監督
      C.D Almeda Alevin A (U12) 第二監督
2014-2015 C.D Almeda Juvenil A (U18) 第一監督
      C.D Almeda Infantil A (U14) 第二監督
2016-現在 レアッシ福岡FC
Return Top