レアッシ福岡フットボールクラブ

福岡県福岡市のサッカーチーム

U11 2nd 〜2020シーズンの展望〜

U11 2nd 〜2020シーズンの展望〜

今シーズンU11 2ndの担当をすることになりました後藤です。

今シーズンはコロナの影響で活動開始もずれ込むことになりました。それに伴い公式戦のレギュレーションも変わってきています。現時点の変更点を整理したいと思います。

U11の変更点のまとめ

①チャンピョンシップ⇨なくなりました。(従来は4年生時の3月に開催)

②前期リーグ⇨なくなりました。(従来は4月ー7月に開催)

③新人戦⇨開催 9月開催予定。チャンピョンシップの代わりにこの大会の結果がU11の後期リーグの1部 2部 3部 4部の振り分けになる

④後期リーグ⇨開催 従来は新人戦後の12月から2月まで行われる。

まだ不確定な事も多いですが、9月から始まる新人戦に合わせて準備することになります。

レアッシの2ndチームはここ3年間、チャンピョンシップに進出し、3部以上のリーグで戦うことが出来ています。少年団、クラブチームの強豪チームと変わらない位置に毎年コンスタントにいることが出来ています。2ndチームも上のレベルで戦える伝統が出来つつあります。

そうは言っても対戦するチームはトップチームです。しっかりシーズンごとの目標を上げ、選手が成長しないことにはこのレベルで戦えません。

今シーズンの目標は「歴代最高の2nd」を目標に選手たちに頑張ってもらいたいと思っています。

チームの取り組みについて説明していきたいともいます。

①全員レギュラー争い

多くの練習試合、公式戦で出場機会を与え、選手の成長を促します。そのためにはもちろん練習の中での取り組み方が重要になってきます。選手に基準を与え、その中でレギュラーを争ってもらいたいと考えています。

②全員役職制

選手になんらかの役割を与え、責任感、一体感をチームに持ってくれればと思います。

③1stへの昇格

5人以上の選手が1stに声がかかるようになってもらいたいと考えています。惜しくも今回は1stに入れなかった選手もいると思います。ここでしっかり成長して、U12の時に1stに入れるようになってもらいたいです。1stの選手ももちろん努力はするので、課題と目標を設定して選手に向上してもらいたいと思います。

以上の3点をを意識し行動できれば目標である「歴代最高の2ndチーム」が実現出来ると考えています。そして目標達成だけでなく選手もサッカー選手、人として成長できると考えています。

今シーズンはイレギュラーなシーズンになり、選手、保護者も不安な事が多いと思いますがチーム全員、クラブ全員でこの流れをいい方向に持っていきましょう。

今年度もよろしくお願いします。

昨シーズンはU12 2ndを率いましたが、U12 1stに入っても遜色がない選手がたくさん出てきました。

寄稿者のプロフィール

レアッシ福岡フットボールクラブメソッド部門ディレクター・U-15ジュニアユーススタッフ後藤 弘毅
□スペインサッカー指導者ライセンス レベル3(日本のS級に相当)
□指導歴
2008-2009 RCD Espanyol Juvenil A (U19) コーチ兼 テクニカルスタッフ
2009-2010 RCD Espanyol Juvenil A (U19) コーチ兼 テクニカルスタッフ
2010-2011 Baix Llobregat Cadete A (U15) 第一監督
2011-2012 U.E Sants Cadete B (U14) 第一監督
2012-2013 U.E Sants Cadete B (U14) 第一監督
2013-2014 C.D Almeda Juvenil A (U18) 第一監督
      C.D Almeda Alevin A (U12) 第二監督
2014-2015 C.D Almeda Juvenil A (U18) 第一監督
      C.D Almeda Infantil A (U14) 第二監督
2016.4〜  レアッシ福岡 U15監督 Jr.ユース代表 メソッド部門部長
2017-2018 レアッシ福岡 U15監督 Jr.ユース代表 メソッド部門部長
レアッシ福岡 U12 1st監督
2018-2019 レアッシ福岡 U15監督 Jr.ユース代表 メソッド部門部長
レアッシ福岡 U12 1st監督
2019-2020 レアッシ福岡 U15 2nd監督 Jr.ユース代表 メソッド部門部長 
レアッシ福岡 U12 2nd監督
2020-2021 レアッシ福岡 U15監督 Jr.ユース代表 メソッド部門部長
レアッシ福岡 U11 2nd監督
Return Top