レアッシ福岡フットボールクラブ

福岡県福岡市のサッカーチーム

『日々の積み重ねが力となる』 U14TRM ㏌舞鶴公園

『日々の積み重ねが力となる』 U14TRM ㏌舞鶴公園

8/2(日)舞鶴公園グラウンドにてオエステさんと試合を行いました
今回はU14から7名・U13から8名を招集して試合へ臨みました

■試合結果
25分ハーフ
①1-4 ゴール:ワタカ(レアッシ) アシスト:ナナト(レアッシ)
②0-3

前日に引き続いてのTRMとなりましたが、最近取り組んでいること・昨日の試合で出た課題を意識して試合へ臨んだ事が感じられるプレーが多かったです

U14の選手には厳しいことも言いましたが少しずつ成長しています
なかなか試合結果に表れないので実感はないかもしれませんが、それは間違いありません
メンタル面でも仲間へ要求したり、自分の意思を明確に伝える場面も徐々に増えているので継続していってほしいと思います

次の試合こそ結果を出せるように共に頑張っていきましょう!

U13の選手は相手のフィジカルやテクニックなどに驚く場面も多かったと思いますが、今日感じたレベルを基準として日々の練習にこだわって取り組めばもっと成長します

断片的ではありますが、通用するプレーも各自あったのでそこは自信にして頑張ってほしいです ゴールを決めたU13のワタカ(右)とアシストしたU14のナナト

【選手評価】※U14の選手のみ
☆アツシ:以前よりボールを受ける際のポジショニングが良く、ボールを失わずに繋げる場面が増えてきた

☆ナナト:フリーな時に遠くを観たり、斜めを見る意識は高くなっている

☆ユウタ:前日の試合で指摘されたパスを受けた時の球際での戦いには良い変化が見られた

☆コウタ:試合の途中でボールサイドへのサポートの距離を自分なりに解釈してポジショニングを変更したことでボールをフリーで受けて動かす場面が出てきた

☆タダチカ:ビルドアップの中で相手のマークが付きづらい位置を狙い、相手の背後を何度かとれていた

☆ヨシハル:以前からの課題であるパススピードと昨日の試合で指摘されたボールを受けた際の責任の部分で改善が見られた

☆アオト:開始早々に相手との接触でケガをしたが、コーチングで仲間を動かそうとしており本人の意識が高まっていることを感じた

寄稿者のプロフィール

レアッシ福岡フットボールクラブメソッド部門コーディネーター・U-15ジュニアユーススタッフ黒沼 遼
□スペインサッカー指導者ライセンス レベル2
□指導歴
2007-2012 清水エスパルス普及部
2009-2012 エスパルスSS駿東JY U-13監督
2012-2013 U.E.SANT ANDREU Infanitil A (U14)アシスタントコーチ
2013-2014 U.E.SANT ANDREU Cadete B (U15)アシスタントコーチ
2014-2015 C.D.ALMEDA Alevin A (U12) 監督
2015-2016 U.E.Sant Joan Despi Alevin D (U12) 監督
      U.E.Sant Joan Despi Infanitil E (U14) 監督
2016-現在 レアッシ福岡FC
Return Top