レアッシ福岡フットボールクラブ

福岡県福岡市のサッカーチーム

U11 2nd TRM vs エリア伊都〜勝利を意識して戦う事が責任感を生む〜

U11 2nd TRM vs エリア伊都〜勝利を意識して戦う事が責任感を生む〜

8/12(水)福岡市にある舞鶴公園でトレーニングマッチを行いました。

試合前に各ポジションごとの役割を選手達に確認。今日は試合ごとにポジションをあまりいじらないようにしました。選手達はコーチの説明をだいぶ頭でわかるようになってきましたが、実際にプレーで出来るかというと違います。サッカーの試合は目まぐるしく状況が変わるのでその状況に合わせたプレーをしなくてはなりません。そのためにはやはり試合経験も必要です。少しずつ試合ぽくなってきました。

テクニック的にも練習でドリルでやるのと試合の中で身につけたテクニックを実行するのでは選手達にとって難易度が違います。今日の試合は先週、練習で取り組んだプロテクトからのテクニックをだいぶ試合で意識してプレーしていました。意識してプレーすることと、チャレンジする事が大切です。

■試合結果 40分ゲームx2本

レアッシU11 2nd vs エリア伊都U11 2nd 2-1
ゴール:タダハル アシスト:ショウタ
:タダハル

レアッシU11 2nd vs エリア伊都U11 2nd 2-0
ゴール:シュウスケ
:センマ

 

まだまだサボる事もありますが選手達は勝利に向かって戦術的な事、練習で取り組んだテクニック的な事を意識してプレーできるようになってきました。暑い中でしたが選手達の闘争心を見る事が出来ました。

 

 

 

 

勝利を意識して戦うということは勝利しなくてはいけないということではありません。勝利に向かってプレーする意識の問題で、たとえ負けたとしてもその意識があれば選手は成長します。今日はたった1日ですが多くの選手が成長した日だと思います。

今日の選手インタビュー。キャプテンであり、守護神のコウキ

1試合目で2得点のタダハル。

1試合目アシストを記録したショウタ。

今日2得点のタダハル

1得点ずつの左からシュウスケ、センマ。両選手とも得点だけではなく質の高いプレーをしていましたね。

からの今日のMVP。左からセンマ、カズキ。センマは攻守にわたって躍動感がありチームのエースとして成長しつつあります。カズキはコーチングなどキャプテンとしてチームを引っ張っていました。守備もよかったです。

今日の試合の中のベストイレブン

 

みんなしっかり話せてませたね。

本日も暑い中沢山の応援ありがとうございました。

寄稿者のプロフィール

レアッシ福岡フットボールクラブメソッド部門ディレクター・U-15ジュニアユーススタッフ後藤 弘毅
□スペインサッカー指導者ライセンス レベル3(日本のS級に相当)
□指導歴
2008-2009 RCD Espanyol Juvenil A (U19) コーチ兼 テクニカルスタッフ
2009-2010 RCD Espanyol Juvenil A (U19) コーチ兼 テクニカルスタッフ
2010-2011 Baix Llobregat Cadete A (U15) 第一監督
2011-2012 U.E Sants Cadete B (U14) 第一監督
2012-2013 U.E Sants Cadete B (U14) 第一監督
2013-2014 C.D Almeda Juvenil A (U18) 第一監督
      C.D Almeda Alevin A (U12) 第二監督
2014-2015 C.D Almeda Juvenil A (U18) 第一監督
      C.D Almeda Infantil A (U14) 第二監督
2016.4〜  レアッシ福岡 U15監督 Jr.ユース代表 メソッド部門部長
2017-2018 レアッシ福岡 U15監督 Jr.ユース代表 メソッド部門部長
レアッシ福岡 U12 1st監督
2018-2019 レアッシ福岡 U15監督 Jr.ユース代表 メソッド部門部長
レアッシ福岡 U12 1st監督
2019-2020 レアッシ福岡 U15 2nd監督 Jr.ユース代表 メソッド部門部長 
レアッシ福岡 U12 2nd監督
2020-2021 レアッシ福岡 U15監督 Jr.ユース代表 メソッド部門部長
レアッシ福岡 U11 2nd監督
Return Top