レアッシ福岡フットボールクラブ

福岡県福岡市のサッカーチーム

ジュニアユーストップ vs セイザンFC(山口)〜選手の質の向上が次のステージにつながる〜

ジュニアユーストップ vs セイザンFC(山口)〜選手の質の向上が次のステージにつながる〜

8/29(土)福岡市志免町にあるシーメイトでトレーニングマッチを行いました。

今日は高校の体験などで7人のU15の選手がいない中、いつもより招集人数を減らし、来週から始まる県リーグに備えました。

対戦相手は山口県の1部の上位に位置するセイザンと対戦しました。様々なポジションの可能性を今日は探っていたのでビルドアップからの攻めがちぐはぐな場面がありましたが、ゴール前の崩しの場面でいい場面も見られたので収穫でした。

途中暑さからか気持ちが入っていない試合がありましたが最後は何とか持ち直すことが出来たのは良かったです。U14の選手も対戦相手のレベルが高い中で判断が速いプレー、最後まで集中したプレーが多かったです。

■試合結果 30分x5本
①ジュニアユーストップ vs セイザンU15 0-0
②ジュニアユーストップ vs セイザンU15 3-2
ゴール:ダイチ(レアッシ) アシスト:フミヤ(バディ)
:フミヤ(バディ)
:ユウシンU14(那珂南) アシスト:フミヤ(バディ)
③ジュニアユーストップ vs セイザンU15 0-5
④ジュニアユーストップ vs セイザンU15 0-0
⑤ジュニアユーストップ vs セイザンU15 1-1
ゴール:イット(和水) アシスト:レンU14(レアッシ)

選手達はジュニアユースでサッカーが終わりではありません。ポジションも先を見据えて選手達にはやってもらってます。今日も7人のU15の選手がいない中でレベルが高い相手に2本目までは素晴らしいサッカーを展開していました。ますますレギュラー争いは混沌としてきました。これも県リーグ、支部リーグの試合に常に出続け、レベルアップしてきた証拠です。

あとは9月からの県リーグ、支部リーグ、10月からのクラブ選手権をしっかり戦い選手には成長していって欲しいと思います。

今日もゴールを決めたダイチ。最近は中盤でプレーし、豊富な運動量と献身的な守備でチームに貢献

トップチームで初ゴール?U14のユウシン。まだまだ課題はあるがダイナミックな動きは来年の主軸候補。ゴールを奪える選手になれ!!

左SBのイット。最後はFWでプレーしゴール。運動量、スピードに加え、最近はゴール、アシストが多くなってきました。猛者が揃うU15の選手の中で一歩メンタル的にも、サッカー的にも抜けてきた感じです。まだまだ伸びるぞ!!

本日も暑い中沢山の応援ありがとうございました。

寄稿者のプロフィール

レアッシ福岡フットボールクラブメソッド部門ディレクター・U-15ジュニアユーススタッフ後藤 弘毅
□スペインサッカー指導者ライセンス レベル3(日本のS級に相当)
□指導歴
2008-2009 RCD Espanyol Juvenil A (U19) コーチ兼 テクニカルスタッフ
2009-2010 RCD Espanyol Juvenil A (U19) コーチ兼 テクニカルスタッフ
2010-2011 Baix Llobregat Cadete A (U15) 第一監督
2011-2012 U.E Sants Cadete B (U14) 第一監督
2012-2013 U.E Sants Cadete B (U14) 第一監督
2013-2014 C.D Almeda Juvenil A (U18) 第一監督
      C.D Almeda Alevin A (U12) 第二監督
2014-2015 C.D Almeda Juvenil A (U18) 第一監督
      C.D Almeda Infantil A (U14) 第二監督
2016.4〜  レアッシ福岡 U15監督 Jr.ユース代表 メソッド部門部長
2017-2018 レアッシ福岡 U15監督 Jr.ユース代表 メソッド部門部長
レアッシ福岡 U12 1st監督
2018-2019 レアッシ福岡 U15監督 Jr.ユース代表 メソッド部門部長
レアッシ福岡 U12 1st監督
2019-2020 レアッシ福岡 U15 2nd監督 Jr.ユース代表 メソッド部門部長 
レアッシ福岡 U12 2nd監督
2020-2021 レアッシ福岡 U15監督 Jr.ユース代表 メソッド部門部長
レアッシ福岡 U11 2nd監督
Return Top