レアッシ福岡フットボールクラブ

福岡県福岡市のサッカーチーム

ジュニアユース U15 選手紹介 第1段!!〜GK、 CB編 インタビュー〜

せっかく一区切りついたので選手の動画インタビューと紹介をしたいと思います。

何人かは11/29の紅白戦に遅れてきたので過去のインタビューを載せました。

今回はGK、CB編です。

名前:アユム
ポジション:GK
ジュニア:レアッシ
『ジュニア時代から常にゴールを守り続けた守護神。レアッシの攻撃は全て長、中、短のパスを使い分けるアユムから始まっていた。シュートストップも反応が速くチームに安心感を与えていた。課題のハイボールにも取り組むようになり高校での活躍が楽しみなプレーヤー。メンタル面ではまだまだアマちゃんのところもあるけど、それがいいところなのかもしれない。高校は県外の強豪に行く予定(まだ試験がありますから、油断禁物です)なのでたくましくなって欲しいです』

名前:ヒビキ
ポジション:CB
ジュニア:板付K

『左利きのCB。U13の頃からパスの精度、見ているところは非常によくビルドアップが特徴なプレーヤー。気持ちが優しい面が試合で出たこともあったが、中に秘めている闘志を節々の発言、プレーに感じる場面も多くありました。最後の県リーグでもカイセイ(キャプテン)がケガで出れなかったこともありしっかりポジションを掴み、チームの県リーグ2位に大きく貢献しました。』

名前:ソラト
ポジション:CB
ジュニア:レアッシ

『お調子者だがやる時はやる男!!2年生の時の支部リーグ、その後の新人戦ではレギュラーを掴めていなかったが、課題の1×1の守備、ヘディングをしっかり取り組み最後の県リーグはDFのリーダーになるまでにメンタル面でも成長。しっかり3年間で成長しました。調子に乗らなければ高校でも大きく成長する可能性を秘めたプレーヤー』

名前:カイセイ
ポジション:CB
ジュニア:レアッシ

『U13まではSBをやっていたが将来を考えてCBにコンバートした左ききのキャプテン。彼がチームの中でプレーすると味方の安心感が抜群に違いました。技術的にもビルドアップの運び方、パスの出しどころがこの1年で急激に成長しました。守備能力はもともと高く次のステージであるJクラブに行っても活躍し、さらに上のステージで活躍して欲しいものです。』

寄稿者のプロフィール

レアッシ福岡フットボールクラブメソッド部門ディレクター・U-15ジュニアユーススタッフ後藤 弘毅
□スペインサッカー指導者ライセンス レベル3(日本のS級に相当)
□指導歴
2008-2009 RCD Espanyol Juvenil A (U19) コーチ兼 テクニカルスタッフ
2009-2010 RCD Espanyol Juvenil A (U19) コーチ兼 テクニカルスタッフ
2010-2011 Baix Llobregat Cadete A (U15) 第一監督
2011-2012 U.E Sants Cadete B (U14) 第一監督
2012-2013 U.E Sants Cadete B (U14) 第一監督
2013-2014 C.D Almeda Juvenil A (U18) 第一監督
      C.D Almeda Alevin A (U12) 第二監督
2014-2015 C.D Almeda Juvenil A (U18) 第一監督
      C.D Almeda Infantil A (U14) 第二監督
2016.4〜  レアッシ福岡 U15監督 Jr.ユース代表 メソッド部門部長
2017-2018 レアッシ福岡 U15監督 Jr.ユース代表 メソッド部門部長
レアッシ福岡 U12 1st監督
2018-2019 レアッシ福岡 U15監督 Jr.ユース代表 メソッド部門部長
レアッシ福岡 U12 1st監督
2019-2020 レアッシ福岡 U15 2nd監督 Jr.ユース代表 メソッド部門部長 
レアッシ福岡 U12 2nd監督
2020-2021 レアッシ福岡 U15監督 Jr.ユース代表 メソッド部門部長
レアッシ福岡 U11 2nd監督
Return Top