レアッシ福岡フットボールクラブ

福岡県福岡市のサッカーチーム

U-12分析動画 〜サイドで数的優位(2対1)の状況を作る〜

現在U-12・1stチームが行なっているビルドアップ(前進)の部分で取り組んでいる『サイドで数的優位(2対1)を作る』部分で現象が出ていたのでご紹介します。

数的優位とは「相手より人数が多い状況」のことで、ポジショニングによってこの状況を意図的に作るというものです。
まずは左サイドからの前進です。

次は解説付きです。
MF(中央のハーフ)の選手が意図的にサイドより内側の高いポジションを取ることで、敵のサイドバックは2人の選手のどちらをマークするかという困難な状況になります。
またこちらのFWの選手が中央にポジションを取ることで、サイドバックのカバーに行けず、サイドで2対1の状況が作られます。

FWの選手はそこにポジションを取ることで、敵のCBを動けなくしています。

次は右サイドからの前進です。

違う選手ですが、同じようにサイドバックに対して2対1を作るポジションへ入ってきます。

次は対応された場合です。

相手のCBが中央のMFにマークをとった時には、FWがその空いたスペースを狙います。
上手くボールは出ませんでしたが、狙っているところは悪くないです。

 

寄稿者のプロフィール

レアッシ福岡フットボールクラブディレクター吉廣 一仁
□スペインサッカー指導者ライセンス レベル1
□選手歴 筑陽学園サッカー部卒
□指導歴
2007-現在 レアッシ福岡FCジュニア,ジュニアユーススタッフ
2009-12 FCバルセロナ オフィシャルスクール福岡校コーチ
2015-2016 スペインバルセロナ在住
2015-16 UE CORNELLA Juvenil B 研修(バルセロナ)

サッカーコーチが学べる情報サイト『ジュニアサッカー大学』を運営
Return Top