レアッシ福岡フットボールクラブ

福岡県福岡市のサッカーチーム

U-12・1st 優勝! 『第15会 G-カップ 少年サッカーフェスティバル』

10/26土〜27日曜日の二日間、宮崎県五ヶ瀬町総合公園「G-パーク」にて行われたカップ戦にU-12・1stチームが参加しました。
12チームが参加し、予選リーグ、決勝(順位)リーグを戦いました。

レアッシU-12・1stとしては先週、全日の県大会出場前で敗戦した後のカップ戦でしたので、ネガティブなイメージを引きずっているか、それとも切り替えて行けるか、今週は練習を見れなかっただけにどうなるか。

■1日目(予選リーグ)(30minゲーム)
① vs 鶴見(大分) 12-0勝
(得点:ソウイチロウ×1、ユウタロウ×4、ユウセイ×2、ユウヤ×3、ユウト×2)

② vs 西臼杵(宮崎) 4-1勝
(得点:サトシ×1、リズム×1、ユウト×1、ユウセイ×1)

③ vs 平岩(宮崎) 4-0勝
(得点:タイガ×1、カナト×2、ユウト×1)

予選リーグを1位突破。
「今までやってきたことをやる」のではなく、新しいことにチャレンジしながら大会に臨みました。
今回からはビルドアップで新しいオプションを足し、中盤から前の選手にも新たなステップを課しました。

今回は良い芝のピッチだったのでミスが目立ちませんでしたが、土のグランドでも対応できるように精度を今後上げなくてはなりません。
試合の合間、「練習するよ」と言ったら嫌な顔してましたね(笑)



初日を良い形で終え宿舎へ。相変わらず騒がしいですが、夜になるとぐっすりと寝ていました(多分)。
少しづつですが、選手は成長しています。

2日目も天気が良く、絶好のサッカー日和。
高千穂は「日本神話の里」ですが、選手たちはあまり知らなかったですね。

■2日目(1位リーグ)(40minゲーム)
④ vs 朝日(大分) 4-2勝
(得点:ユウタロウ、カナト×2、リズム)

結果的に得点を重ねることができましたが、同点に追いつかれるなど苦しい展開でした。3点目のリズムのミドルが完全にチームを良い雰囲気にしてくれました。

⑤ vs 市浜(大分) 4-0勝
(得点:サトシ×1、カナト×1、ユウト×1、ユウセイ×1)

前半の押し込んだ状態の中でサトシのシュートが見事に決まったところがポイントでした。いい時間に決めてくれたのと、安定した守備で流れを継続しました。

5試合負けなし全勝で見事優勝!

新しい攻撃の形が出てきたのは良かったと思います。そして結果も良かったです。
もちろん、細かな部分で改善しなければならない部分は山積みですが、「優勝」ということで自信を取り戻せた部分もあると思います。

繰り返しますが、選手はゆっくりと成長しています。

今回の遠征では、この大会を最後にチームを離れる選手がいて、彼にとっても良い大会になったのではないでしょうか。
久々に得点を挙げるだけでなく、多くの得点を挙げチームに貢献してくれました。
常に一生懸命で、時々焦ってプレーする場面はありましたが、攻守においてチームの約束事を理解しながら自分の個性を発揮してくれました。

怪我もありブランクができて思うようにプレーできない時期もありましたが、最後に「チームの優勝」にとって重要なパフォーマンスを見せてくれました。
チームは彼に感謝するとともに、『かけがえのない時間』を共有できたことを財産として行くと思います。
僕が3月から今まで見てきた中でこの大会は最高のパフォーマンスでした。そして仲間もそう思っていると思います。
それを自分の自信とし、次のステージでも頑張って欲しいと思います。

本日も応援ありがとうございました。
1週間前よりチームの結束は硬くなったように感じました。
これからも、応援よろしくお願いします!

寄稿者のプロフィール

レアッシ福岡フットボールクラブディレクター吉廣 一仁
□スペインサッカー指導者ライセンス レベル1
□選手歴 筑陽学園サッカー部卒
□指導歴
2007-現在 レアッシ福岡FCジュニア,ジュニアユーススタッフ
2009-12 FCバルセロナ オフィシャルスクール福岡校コーチ
2015-2016 スペインバルセロナ在住
2015-16 UE CORNELLA Juvenil B 研修(バルセロナ)
Return Top