レアッシ福岡フットボールクラブ

福岡県福岡市のサッカーチーム

レアッシ福岡FCの挑戦! vol.016 〜地域スポーツコミュニティメディア研究所〜

■九州アイランドTV地域スポーツ コミュニティメディア研究所 第27回放送
■放送日時:1月22日(火)
■撮影会場:レアッシ福岡特設スタジオ
■「レアッシ福岡の挑戦 〜総合型地域スポーツクラブを目指して〜Vol.16」

●理事長
・6年生が2部リーグ優勝!
・次回は1部昇格!
・クラブとしてどういう方針でやって行くか?
・クラブは進化していく!
・大事なのは「いざ、やってみること」
・どうやって行動するか?
・アウトプットをする!
・日本やスぺインが良い悪いではなく、自己流にどうやっていくか?
・全体のレベルが上がっていく!
・地域を高めていきたい!

●カズコーチ
・ジュニアサッカー大学本日1月22日に開設!
・サッカーに対する初級編・中級編・上級編に分けて発信!
・上級編ではスペインで学んだことを情報発信!
・公開してみんなで知識を高めていきたい!
・後藤コーチレアッシ入りについて…Jリーグからのオファーがあったが、来てくれた。
・スペインライセンスが4名いる町クラブは殆どない!
・代表とコーチがやって来たが、自分たちより出来るコーチを持ってくる事が重要!
・新しいことをやり続ける!
・スポーツ活動を通じてハッピーになって欲しい!

●後藤コーチ
・レアッシ福岡フットボールクラブ メソッド統括部門。
・カズコーチがスペインに留学時、一番良いコーチを引っ張って来た。
・8年半スペインにいて、スペインで学んできた。
・コーチ契約や監督契約も行ってきた。
・スペインで学ぶにつれて、今後、どう指導者として日本に活かすか?を考えていた時に、カズコーチと出会った。
・一番難しいのは、人に伝えて現場に出していく部分。
・Jリーグでは、思い描いてきたことをやるのは難しい。
※日本を変えようと言うのではなく、レアッシの中でどうするか?
※出場機会を与える=選手ファーストで考える!これはスペインでは全て出来ている!
※レアッシの中では近づけていく!と言う考えでやっている。
※ローカライゼーション=他のチームも真似してくれることが理想!
※スペインは集合体で歴史が出来ている。
2020年は「結果に対することでのフォーカス」の仕方を短期・中期で組み立てていく!

寄稿者のプロフィール

レアッシ福岡フットボールクラブディレクター吉廣 一仁
□スペインサッカー指導者ライセンス レベル1
□選手歴 筑陽学園サッカー部卒
□指導歴
2007-現在 レアッシ福岡FCジュニア,ジュニアユーススタッフ
2009-12 FCバルセロナ オフィシャルスクール福岡校コーチ
2015-2016 スペインバルセロナ在住
2015-16 UE CORNELLA Juvenil B 研修(バルセロナ)
Return Top