レアッシ福岡フットボールクラブ

福岡県福岡市のサッカーチーム

U-11・1st 練習試合 vs カミーリア筑紫野

U-11・1st 練習試合 vs カミーリア筑紫野

本日筑紫野市にあるシュロアモール筑紫野にて、U-11・ファーストチームの練習試合をカミーリア筑紫野と行いました。

現在、練習や試合で取り組んでいることがどれくらいできるようになったか。
新人戦まで時間がない中で、専門的にいうとゲームモデルやメンタル、チームの方向性がどれくらい浸透しているか。
1試合1試合を大切にしていかなければなりません。

■試合結果
(※試合は15分1本です)

① 2-1勝
(得点:3’フウト、10’失点、12’チアキ)

② 1-0勝
(得点:4’ヒカル)

③ 1-0勝
(得点:2’シセイ)

④※雨が激しくなり中止

今日は15分を1本をファーストチーム、セカンドチーム交互に行いました。

雨の影響でピッチコンディションがあまりよくなかったですが、1.2本目は少し良い形が出ました。
練習でやっているコンビネーションやテンポの良い崩し、裏への抜け出し。

しかし3本目は全く意味のない試合となってしまったのが残念です。
試合の合間に何人かの選手に質問しましたが
『自分の良さは何なのか?』
『自分が苦手なことは何なのか?』

選手個人個人にはそれぞれの良さがあります。
僕は彼らのポテンシャルに魅力を感じていますが、それも努力して磨かなければ何も光りません。

努力するのは僕ではなく本人次第です。

新チームを担当してからも、今日も、このチームの目標・目指すべきものを話しましたが、それを達成するには僕の努力は微々たるもので、あとは選手たち自身の気持ち、そして本気でそれを目指すというメンタルが必要不可欠です。
簡単ではないですが、僕は実現可能だと感じています。

その可能性があるからこそ、今日の3本目のような内容だと…
僕が選手たちの力を見誤っているのか。

いずれにせよ、新人戦までの時間は迫ってきます。
勝ち上がるのは本当に簡単ではありませんが、これからは1試合1試合、1回の練習、その中の1つのメニュー、そして自分の1つのプレーに集中して取り組むことが重要です。

今まで何年も福岡支部の新人戦を見てきましたが、今のままでは勝ち上がるための決定的なものが足りません。

しかし、これからの取り組み次第で変化していくこともできます。
そのためにはもう少し、あと一歩の努力が必要です。
次回以降の練習試合で、そこが見えてくると思います。

本日は悪天候の中、たくさんの応援ありがとうございました。

寄稿者のプロフィール

レアッシ福岡フットボールクラブディレクター吉廣 一仁
□スペインサッカー指導者ライセンス レベル1
□選手歴 筑陽学園サッカー部卒
□指導歴
2007-現在 レアッシ福岡FCジュニア,ジュニアユーススタッフ
2009-12 FCバルセロナ オフィシャルスクール福岡校コーチ
2015-2016 スペインバルセロナ在住
2015-16 UE CORNELLA Juvenil B 研修(バルセロナ)

サッカーコーチが学べる情報サイト『ジュニアサッカー大学』を運営
Return Top