レアッシ福岡フットボールクラブ

福岡県福岡市のサッカーチーム

レアッシ U-11・1st vs オリエント・わかば トレーニングマッチ

レアッシ U-11・1st vs オリエント・わかば トレーニングマッチ

本日飯塚市にてU-11・ファーストチームのトレーニングマッチを行いました。

上の写真は今日ゴールを決めた選手たち。
(※暑さのため、選手たちの写真が少ないです。すいません…)
指の数が得点数です。

昨日今日と続けてTRMですが、新人戦までの最終的な練習試合となります。
来週末もTRMがありますが、9月の1週目に予選が始まる程で進めてきました。

担当して約3ヶ月程度ですが、チーム作りのベースとなるコンセプトや戦い方を軸にして進めてきました。

選手たちは新しい戦術を理解しようとし、質問も多くしてくれています。
あとは選手たちが本来持っている力をどれだけ出せるか。

チームの目指すスタイルとしてはまだまだ最初の段階で、今後積み重ねる必要があります。
個人のメンタル面でもチームワークの面でも。

(ゴールマウスを守るシュウタ。守備面だけでなく、攻撃の始まり(ビルドアアップの始まり)でもチームに貢献してくれています)

①オリエント 2-0勝
(得点:前半:2’フウト、3’フウト)

立ち上がりからインテンシティが高く緊張感のある試合でした。
最初の得点のようなシュートチャンスを最近外していたので、しっかりと決めてくれて良かったです。
フウトの得点感覚の良さが出ました。

②オリエント 1-2負
(得点:12’失点、14’ケント、後半:失点)

試合には負けましたが、とても良い試合でした。
ケントのミドルは豪快でしたね。いい雰囲気で試合を進めましたが敗戦です。
ただ、選手たちにも話しましたが、選手がベストを尽くしたなら敗戦でも問題ありません。

試合とは勝負事なので勝つか負けるかは誰にも分かりません。
どんな相手でも勝つ可能性も負ける可能性もあるのがサッカーです。
サッカーというスポーツを知れば知るほど、そういうものだということは誰でも知っています。

なので僕はいつも『結果』ではなく、選手たちのプロセスにフォーカスしています。
この試合は負けたけど、選手がベストを尽くしたので良い試合でした。

③わかば 4-2勝
(得点:4’失点、5’フウト、7’シセイ、11’フウト(PK)、12’失点、15’シセイ)

前半は押し込まれる展開で後半ゲームが動きました。
この試合も結果としては勝利できましたが、展開によっては負ける可能性もありました。
相手の左サイドは鋭い攻撃力があり、常にゴールを脅かされました。

2試合目も3試合目も良い試合でした。
ただ、結果は敗戦と勝利。
どちらの試合も選手はとてもベストを尽くしてました。
そして、どちらの試合も結果が逆になっておかしくない内容。

新チームを担当して約3ヶ月。

僕が思う以上に選手たちは様々なことを吸収し、意欲的にトレーニング、練習試合に取り組んでくれています。
理想からはまだまだ程遠いですが、それでも最初の原型はできてきました。

表現が難しいですが、公式戦が始まれば、あとは僕にできることはほとんどないと思います。

選手たちが自分たちで声をかけ合って、自分たちで盛り上げて、自分たちで勝利をものにする。
今までやってきたこと、今取り組んでいることを自分たちで意識して修正できるか。
僕にできることは微々たるもので、そのプロセスを手伝うだけです。
なので当然主役は選手たちですね。

また、保護者の方のポジティブな応援はとても子どもたちの励みになります。

本日も暑い中、たくさんの応援ありがとうございました。
新人戦では、もっともっと【熱い】応援、よろしくお願いします。

寄稿者のプロフィール

レアッシ福岡フットボールクラブディレクター吉廣 一仁
□スペインサッカー指導者ライセンス レベル1
□選手歴 筑陽学園サッカー部卒
□指導歴
2007-現在 レアッシ福岡FCジュニア,ジュニアユーススタッフ
2009-12 FCバルセロナ オフィシャルスクール福岡校コーチ
2015-2016 スペインバルセロナ在住
2015-16 UE CORNELLA Juvenil B 研修(バルセロナ)

サッカーコーチが学べる情報サイト『ジュニアサッカー大学』を運営
Return Top