レアッシ福岡フットボールクラブ

福岡県福岡市のサッカーチーム

U-9 キッズフェスティバル【少しずつレアッシらしいサッカーの原型が】

本日、東区にある雁ノ巣レクリエーションセンター・芝生グランドにて育成コースのU-9メンバーが参加しました。

朝から雨が心配でしたが、その後は天候も良く、またピッチコンディションも良い中、芝生のグランドで3試合をこなしました。

今回はU-8からは招集せず、また欠席の選手も多かったですが-9メンバーのみで試合。
今のうちにしっかりと試合経験を積んでレベルアップしましょう。


試合前は最近取り組んでいることや、試合で意識することの確認。

人前で発言することや考えていることを言葉にするのもトレーニングです。


ここ数ヶ月でウォーミングアップも自分たちでできるようになりました。
少しずつサッカー選手っぽくなってきました。

ボードを使った説明で頭の中を確認。
5年生くらいになると、ボード上で選手から質問が出るのですが、今は実際のピッチのイメージとボードでのイメージを何となく持つ程度です。
このような細かな事も、今後の成長に大きく関わりますね。

今後4年生になると南区リーグ(公式戦)が始まります。今後新しい選手も加入してきてチーム内で競争が高まりますが、切磋琢磨してほしいと思います。

速報!本日、現4年生が本日チャンピオンシップで2勝して来期の1部リーグスタートを決めました!おめでとう!

試合は全て12分ハーフ。

① vs 小笹 2-3負
(得点:前半:2’カイト、後半:4’ヨウタロウ)

シュートチャンスをたくさん作りましたが、決めきれず逆転負け。それでも随所にレアッシらしい展開が見えたのは良かったです。
少しずつコンビネーションやサイドチェンジ、バックパスからのゲームの組み立て直しなど戦術的な部分も良くなりました。もう少しシュート練習が必要ですね。

② vs 早良FC 6-0勝
(得点:前半:4’ハルキ、7’サクヤ、10’ソウマ、11’ソウマ、後半:11’カイト、12’シュウタ)

またしても多くのシュートチャンスを逃しましたが、ソウマの鋭いシュートはとても良かったです。サクヤのミドルシュートも思い切って打てので良かったですね。
また、全員がゴールに向かう姿勢を見せてくれたのは良かったですが、このような試合の場合、もう少し周りを使う意識が重要です。


③ vs ZYG 1-2負
(得点:3’アユム)

前半の相手の勢いのある守備に対して気持ちで負けてましたが、後半は立て直しました。
これくらいのプレッシャーの中でいかに敵を捉えるか、そして頭を働かせてプレーできるかが今後の課題ですね。
ただ、レアッシらしい展開や崩しの原型が見えてきたのと、多くのチャンスを作ったのは良かったです。
DFラインでパスを引っ掛けられても臆することがなかったのが良かったですね。

今の時期は勝ったり負けたりしながらも、少しずつ目指すべきサッカーの原型を整える段階です。
今回のキッズフェスでは前回の試合よりも成長が見られたので良かったです。

今後ももっともっと練習して、レベルアップしましょう!

本日も応援ありがとうございました!

寄稿者のプロフィール

レアッシ福岡フットボールクラブディレクター吉廣 一仁
□スペインサッカー指導者ライセンス レベル1
□選手歴 筑陽学園サッカー部卒
□指導歴
2007-現在 レアッシ福岡FCジュニア,ジュニアユーススタッフ
2009-12 FCバルセロナ オフィシャルスクール福岡校コーチ
2015-2016 スペインバルセロナ在住
2015-16 UE CORNELLA Juvenil B 研修(バルセロナ)

サッカーコーチが学べる情報サイト『ジュニアサッカー大学』を運営
Return Top