新規クラブ会員募集中

子供の自主練習に付き合う保護者の方へのサッカー講座【ママサカ】第2弾 インステップキック

こんばんは!

久しぶりの更新となります、今回はインステップキックについてです。

インステップキックは前回紹介したインサイドキックよりスピードが速くて強いボールを蹴ることができます。

主にシュートを打つ時に用います。
このキックは強くて速いボールが蹴れる半面、インサイドキックよりもコントロールするのが難しいです。

インステップキックは足の甲から親指の付け根にかけてボールを蹴ることのことを言います。(シールの貼ってある場所)

ポイントとしてはまずは軸足。軸足はボールの真横に置くように心がけます。

この時軸足がボールに近すぎても遠すぎてもしっかりボールには当たりません。
ボールと軸足の距離が大体拳1個分くらい空くと良いと思います。

さらに踏み込むときに強く踏み込む。これも強いシュートを打つ時に大切です。

そして蹴る方の足ですがインサイドキックよりもフォロースルーを長くとりしっかりと振り抜きます。

ボールの真ん中から少し下あたりにインステップが当たるようにします。

そして打つ瞬間はしっかりとボールを見る。
これがインステップキックの蹴り方です。
まずは止まったボールをしっかり蹴れるようにします。

それができたら今度は動いたボールを、と少しづつレベルを上げていくのがいいと思います。
ぜひお子さんと一緒にやってみてください!!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人