新規クラブ会員募集中

U14 TRM vs 西南U14〜プレーすることというのはどういうことなのかを理解する事が大事なU14年代〜

5/15 日 福岡市西区にある今津運動公園天然芝AコートでTRMを行いました。

体育祭の関係で選手がいなかったので、U13の選手5名を追加してTRMに臨みました。試合前にどのようにプレーしなくてはいけないかしっかり話してから試合に臨みました。サッカーは一つの要素を切り取って良い、悪いと判断するのではなく、しっかり総合的にレベルアップしなくてはいけません。

中学年代であれば60分から80分走れるフィジカルをつけなくてはいけませんし、守備、攻撃、テクニック、戦術どれを疎かにしてもいけません。プレーモデルを理解してプレーしようとしているかも大事です。この訓練は自分より少し上のレベルでプレーした時に活きるので自分の感覚とチームの約束事をミックスしてプレーできるようにしましょう。

試合結果 30×5

①レアッシU14 vs 西南U14 3-0
ゴール:コウダイU14(レアッシU12) アシスト:ヒロトU13
   :コウダイU14(レアッシU12)
   :キッペイU14(レアッシU12)
②レアッシU14 vs 西南U14 0-0

③レアッシU14 vs 西南U14 0-0

④レアッシU14 vs 西南U14 1-0
ゴール:キッペイU14(レアッシU12) アシスト:I.トウマ(レアッシU12)
⑤レアッシU14 vs 西南U14 0-1

ボールを動かさなくてはいけないところ、縦のスペースを狙わなくてはいけないところ、ボールを失ってはいけないところ、を明確にして、いつもより多くコーチングしながら試合を進めました。厳しいことを選手に言う時は基準を明確にするためです。基準を上げてプレーできるようになれば、選手は成長します。

左からキッペイ U14、コウダイ U14
アシスト:ヒロトU13 素晴らしいプレー連発

U13の選手は各個人理解しようと一生懸命さが伝わっていい緊張感をU14の選手に与えていましたね。

良いプレーもたくさん出ていました。継続していきましょう。

本日もありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

□スペインサッカー指導者ライセンス レベル3(日本のS級に相当)
□指導歴
2008-2009 RCD Espanyol Juvenil A (U19) コーチ兼 テクニカルスタッフ
2009-2010 RCD Espanyol Juvenil A (U19) コーチ兼 テクニカルスタッフ
2010-2011 Baix Llobregat Cadete A (U15) 第一監督
2011-2012 U.E Sants Cadete B (U14) 第一監督
2012-2013 U.E Sants Cadete B (U14) 第一監督
2013-2014 C.D Almeda Juvenil A (U18) 第一監督
      C.D Almeda Alevin A (U12) 第二監督
2014-2015 C.D Almeda Juvenil A (U18) 第一監督
      C.D Almeda Infantil A (U14) 第二監督
2016.4〜  レアッシ福岡 U15監督 Jr.ユース代表 メソッド部門部長
2017-2018 レアッシ福岡 U15監督 Jr.ユース代表 メソッド部門部長
レアッシ福岡 U12 1st監督
2018-2019 レアッシ福岡 U15監督 Jr.ユース代表 メソッド部門部長
レアッシ福岡 U12 1st監督
2019-2020 レアッシ福岡 U15 2nd監督 Jr.ユース代表 メソッド部門部長 
レアッシ福岡 U12 2nd監督
2020-2021 レアッシ福岡 U15監督 Jr.ユース代表 メソッド部門部長
レアッシ福岡 U11 2nd監督