レアッシ福岡フットボールクラブ

福岡県福岡市のサッカーチーム

5/24(木)三宅スクールの様子!インタビュー付き!

こんにちは!

本日は三宅スクール!暑い中元気にサッカーを楽しんできてくれました!!
まずは挨拶🤝について!レアッシ福岡では会場に到着したスクール生からコーチ全員と握手をしてから、練習の準備をするようにしています。
コーチはここで選手の体調、気分等を確認しています。選手は握手をすることで、レアッシのスクールに来た!というトレーニングに対する準備、心構えにする狙いでやってます。
普段なかなか握手をする機会(しかも大人!)がない子どもにとっては新鮮で、なんだか嬉しい気分になるのではないでしょうか?
こうしたスキンシップで、選手の感受性が養われると嬉しいです。
今日は低学年のトレーニングの様子を主に紹介していきます!
まさにレアッシ福岡スクールの十八番!(もちろんコーチの独断と偏見です。笑)
脱出ゲームです!
マーカーで作られたサークルを敵が脱出させまいと囲います!タッチすれば脱出を防ぐことができます!
その隙間を作って、見つけて、脱出すると1点、多く得点できた人の勝ちというメニューです!
「フェイントをかけて相手を動かし隙間を大きくすること」を遊びの中で身につけていくこのメニュー、僕は結構好きです。
フェイントの種類は教えていません。選手が脱出するために考えに考え抜いて繰り出すフェイントは、個性があって面白いです。
こっそり抜けようとする選手→もうバレとるやん笑
タッチを避けるために、潜っていくように脱出しようとする選手、囲ってる敵を飛び越してやりたいけどできないけど、やりてー!って思ってる選手、この個性こそ大きくしていくものであると考えているので、毎回度肝を抜いて来るアイデアを見れるのを楽しみにしています。
そして最後のゲームはロボサッカー!
コーチの号令で自分の基地から発進して、相手のゴールにシュートして得点を競います。
待機してる選手は基地から出れませんが、基地の中でなら動いても良いことにして、関われるように工夫しています。
低学年はまず自分の番号を理解し、コールされたら発進することから始まります。
やはり、「聞く」「聴く」ことは大切ですね。
自然に身についていけるようにしたいと思います。
なかなか盛り上がりました!汗もたくさんかいていたと思います。
最後に高学年のスクール生のインタビューを動画で記載しています。レアッシ福岡スクールの面白いところ、好きなコーチ、苦手なコーチ、いろんな事を答えてくれています。
是非見てみてください!
レアッシ福岡スクールでは、仲間との関わりの中でサッカーが自然に楽しく出来るような環境、練習、雰囲気作りを心がけてますので、初心者のお子さんを歓迎してます!
初心者のお子さんこそ、サッカーを好きにしていかなければ!と思ってますので体験等、お気軽にご連絡ください!
↓他会場のスクールの情報はこちら
スクールの月に一度のイベントもやっております!5月は対抗戦を行いました!
Return Top